誰も見てくれないホームページどうしたらいいの?

片っ端から知り合いにホームページを見てもらい、感想を聞く

ホームページを誰も見てくれない状況が発覚したとき、自分でまず何をしたら良いか分からないものです。対策しようとしても、何が原因で誰も読んでくらないのか分からないので、結局何もできないでしょう。まずは原因を知るために、知り合いにホームページを見てもらうと良いでしょう。ホームページのテーマ(内容)にもよりますが、知り合いから感想を聞き、それをもとに対策すると良いでしょう。 例えば、内容が悪ければ、今後意識して文章を書くと良いでしょう。読む人が価値を感じるような文章を意識することで、良い内容の文章を作成することができます。あるいは、文章が読みづらければ、長文を改行と空行で小分けし、見やすくすると良いです。 いずれも新しく文章を作成する場合にのみ対策すれば良く、今まで作成した文章を改変する必要はありません。他にも文章の書体変更や文字効果の付与など、やれることは多いので、知り合いの感想をしっかり聞き、人が見てくれるよう改善しましょう。

ホームページへの入口をたくさん用意する

ホームページが誰にも見られない主な原因は、ホームページの存在が他の人に認知されていないことです。インターネットで検索されることはまずないので、そこは期待することはできないでしょう。自然に集めるのではなく、”自分でホームページへ誘導する”以外方法はないでしょう。 その方法として最も効果的なのが、SNSの活用です。SNSを利用して多くの人と繋がりを持ち、その人たちにホームページを宣伝すると良いでしょう。TwitterやFacebook、LINE@のように、つながっている人にタイムライン一つで認知されるので、使わない手はありません。また、SNSを利用して人が集まるようになれば、インターネット検索で上位表示されやすくなり、より多くの人が読みに来ることが期待できます。 ホームページは、ただ更新するだけはなく、あらゆるものを活用して初めて作られ、人が集まってきます。人が集まらなければ、ホームページを作る意味がないので、『人を集めるには何でもする』という意識で取り組みましょう。